マイナス5歳の後ろ姿を手に入れる

いつまでも若々しい体をキープしたい…。体のコアである体幹を鍛えることで、良い姿勢をキープすることが出来ますし、代謝もアップします。体の軸にスッと芯が通ったような美しい後ろ姿って魅力的ですよね。今回は、自宅で簡単にできる体幹トレーニング法をご紹介いたします。

1.プランク
まず、お腹側の腹直筋と背骨周りの背筋を鍛えるトレーニングです。うつ伏せの状態で両ひじを床につけ、つま先とひじを支点にして体を浮かせます。ひじをついた腕立て伏せのような形です。そのままの姿勢をキープ。最初は30秒を2セット、慣れてきたら少しずつ秒数を増やしていきましょう。トレーニンググッズで腹筋を鍛えるためのローラーも売っていますが、まずは道具を使わずに自分の体重の負荷のみのトレーニングで慣れておくのが良いでしょう。

2.ラテラルピラー
続いて、体の側面の筋肉を鍛えるトレーニングです。横向きに寝て、床側のひじをつきます。そのままつま先とひじを支点にして、体の側面を床から浮かせます。もう片方の手は天井に向かって伸ばします。この姿勢をキープ。30秒を2セット行います。

3.Vシットアップ
下腹部の筋肉を鍛えるトレーニングです。体育座りの姿勢から背中を少しずつ倒します。足は膝を真っ直ぐ伸ばし、お腹を中心にアルファベットのVの字の状態になります。この姿勢をキープ。こちらも30秒を2セット行います。おへその下あたり、下っ腹なんて呼ばれるこの部分って脂肪が付きやすくて取れにくいんですよね。このトレーニングをやれば、下っ腹もスッキリします。

4.コアストレッチ
トレーニングした筋肉を伸ばすストレッチです。真っ直ぐ立ち、両方のかかとをくっつけてつま先をこぶし一つ分開きます。両手を伸ばし頭の上で手のひらを合わせます。そのままつま先を立てて背伸びの状態をキープ。10秒を3セット。お腹の前面の筋肉が伸びているのを感じます。ストレッチを行いゆっくりと呼吸することで、体の中に多くの酸素を取り込み脂肪燃焼を高めることができます。

いかがでしたか?ご紹介したトレーニング、全部やっても10分かかりません。毎日ちょっとずつ筋肉に負荷をかけることで、穏やかに筋肉量を増やし、余計な脂肪を減らしていくことができます。お腹、背中を中心とした筋肉のトレーニングですので、背筋をしっかりと支えることができ、内臓も、あるべき位置に戻ってくれます。全体のシルエットの見え方がガラッと変わって若々しく見えるようになります。